注意すべきこと

アパート建築や運営は土地活用として非常に有用ですが、注意しなければいけないことがあります。
アパートの経営でもっとも懸念されるのが、空室です。空室が増えると、当然ながら収入は大きく減少します。場合によっては収入がすべてなくなってしまうということもあるでしょう。
賃料が高すぎる、あるいは立地条件が悪いといったことで、空室のリスクが高まる恐れがあります。そのため、そういった点に注意して、建築を進めるべきでしょう。設備の充実も重要視する人が多いので、注意を向ける必要があります。

建物が時間の経過とともに、老朽化していくものです。古くなった物件は入居者が集まりにくくなって、家賃を下げるしかなくなってしまいます。収支計画をたてるときには、修繕費や管理費などのコストも盛り込むことが大切です。

また、どんな建物も火災や地震の影響を免れることはできません。災害によって倒壊する危険性はあるので、火災保険などの保険加入も検討する必要があるでしょう
。変動金利や固定期間選択型変動金利を活用してアパートを経営する場合、金利が高くなるとローンの返済額も上昇するので注意が必要です。資産計画を立てるときはこういったことも盛り込んで、計画をたてましょう。